クリームと美人

歯科矯正とは

歯科矯正は非常に費用の高い治療です。歴史的に古い金属ブラケットを用いた矯正では、数十万円するものであり、保険適応外が一般的です。それから、金属ブラケットが見えない工夫がされた舌側矯正も多く行われるようになりましたが、唇側設置と比べ更に高い費用となっています。平均的にみても百万円を超える歯科矯正となっています。 歯科矯正に掛かる費用の問題点を解決するかのようにマウスピースによる矯正器具が一般的に普及されるようになりました。金属プラケットより価格は下がる傾向にありますが、個人の歯列状態によって左右されるます。また、マウスピースによる歯科矯正では、矯正と同時にホワイトニングを行える利点も加わり、費用増加につながっています。費用低下が望まれる歯科矯正ではありますが、実際には過去と同等、もしくは費用増加の変遷が見受けられます。

歯科矯正は保険適応外が一般的と述べました。しかし、近年保険適応が認められる症例があります。基本的には、咬みあわせによる障害や外傷による損傷などの矯正かつ、指定された施設でしか保険適応が認められません。また、医療費控除も対象となることがあり、申請する事で費用が軽減される場合があります。 保険適応外における各施設での価格設定は、今後も急激な低下を見せる事は無い予想がなされます。しかし、上記のように保険適応や医療費控除など様々な緩和拡大する可能性がある事は予想されます。 国内の歯列に対する意識は、世界と比べまだまだ発展途上段階であり、歯科矯正技術の安全が完全に確保できるまでには、もう少しの時間がかかりそうな状況と言えるでしょう。歯の管理は健康状態にも影響を与えると言われている為、歯科矯正技術は更なる発展を行っていく予想がなされます。